ゲームとそれらの音楽について思っていることですが、ゲーム関連の音楽に対する思い入れなどを書いてあります。

ゲームと音楽の関係性について思うこと

ゲームと音楽の関係性について思うこと

ゲームとそれらの音楽について思っていること

ゲームと一言で申しましても、世の中には実にありとあらゆる内容のものが存在しているのではないかと思います。最近では、従来のゲーム機のゲームだけではなく、スマートフォンなどからも楽しむことができるオンラインゲームなども人気になってきておりますので、その内容もより多様化してきていると言うことができるのではないのでしょうか。これらのゲームに対する思い入れというのも、年代ごとに感覚が異なってくるのですが、ゲームのBGMとなっている音楽を耳にすることで、ゲームで遊んでいたころのことを思い出すこともあるのではないかと感じることがありました。最近では、動画投稿サイトなどにも、過去のゲーム関連の音楽などが投稿されるようにもなってきており、こうしたBGMを検索することも可能になっています。数十年前は、ゲームと申しましても種類がある程度限られていたのですが、その単純さのなかにクリエイターの努力があり、楽しみが感じられたのではないかと思い起こすことがあります。

近頃のゲームをたまにプレイしてみますと、非常に成功にできており3D技術なども用いていてかなりリアリティーに近い作品が多く、それらの音楽も臨場感を演出するために、映画音楽のように製作されている部分があるように見受けられます。数十年前の初期の頃のこれらの音楽と申しますと、電子音で音階が変わって表現しているだけのものが多かったのですが、その中にさまざまなゲームに対する思いや感情が蘇ってくるのを感じることがあり、やはりこうしたゲームサウンドの効果というものは、とても大きいものがあるのではないかと感じ入ることもありました。中には徹夜でゲームのクリアのために努力をして、BGMが体に染み付いているくらいの方も少なくないのではないかと思いますが、たまにこうした音楽を耳にするたびに、このような時代のことを思い起こすことがあります。やはりゲームは文化のひとつとして、これからも楽しいものであり続けて欲しいと願っています。

ピックアップ